※γ-gtpを下げるサプリまとめ【これからも飲酒を続たいから】

γ-GTPの数値が悪かったら、まずアルコールを減らしましょう!その上で肝機能アップを助けるサプリを試してみるとか運動をするとか、肝臓をいたわる生活を心がけるのが大切です!
MENU

このページは、肝臓の機能を高めるサポートをしてくれるサプリについて、ランキング形式で詳しく紹介しています。

  • 「毎日のようにお酒を飲んでいる」
  • 「健康診断で、肝臓の数値が悪かった」

といった方の参考になれば幸いです。

ガンマgtpを下げるサプリ第1位 肝臓の健康にセラクルミン
セラクルミンの特徴は、

 

  • 日本で初めての「健康な肝臓」のための機能性表示食品
  • 肝機能数値の低下を科学的に実証
  • 1粒あたり高吸収クルクミン90mg配合
  • 厳格な品質検査と国内のGMP認定工場での製造管理
  • 定期コースはいつでも解約OK

といった感じです。

 

※【栄養成分表示(2粒0.94g当たり)】エネルギー3.6kcal、たんぱく質0g 、脂質0.006g、炭水化物0.88g、 食塩相当量0.0008g

 

※【原材料】コーンスターチ/ウコン色素、HPMC、ステアリン酸カルシウム、着色料(二酸化チタン)、二酸化ケイ素

価格 容量 評価
通常9980円⇒定期コース2980円(税込)送料無料 1本60粒入(約1ヶ月分) γ-gtpを下げるサプリ

 

ガンマgtpを下げるサプリ第1位 肝臓の健康にセラクルミンの総評

セラクルミンは、高めの肝機能酵素AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの数値低下が科学的に実証された、日本で初めての機能性表示食品です。

 

ただし、それは通常域の範囲内での結果であり、あくまでも健康な肝臓の機能を維持するためのサプリですので、肝臓の数値が正常値よりも高い人はまず医療機関を受診しましょう。

 

何度も試行錯誤を繰り返した結果、ウコンの天然成分であるポリフェノールの一種「クルクミン」の吸収量を、約27倍に高めることに成功したというのだから一度は試してみたいサプリですね。

 

定期購入コースには、「1ヶ月ごと」「3ヶ月ごと」の2パターンから選べて便利です。

 

ガンマgtpを下げるサプリ第2位 ヘパリーゼZ
ヘパリーゼZの特徴は、

 

  • 栄養補助食品
  • 5大サポート成分をギュッと凝縮・バランス補給
  • 楽天市場ランキング3冠達成
  • 持ち運びに便利な個包装分包タイプ
  • 通販限定サプリメント

といった感じです。

 

※【栄養成分(1日3粒あたり)】エネルギー 3.3kcal・たんぱく質 0.44g・脂質 0.024g・炭水化物 0.33g・ナトリウム 1.12mg

 

※【原材料】豚肝臓エキス、オルニチン、ウコンエキス、黒ゴマエキス(セサミン含有)、L-シスチン、結晶セルロース、HPMC、ステアリン酸Ca、糊料(MC、CMC-Ca)、ケイ酸Ca、HPC、カラメル色素、グリセリン

価格 容量 評価
通常1350円⇒初回限定980円(税込)送料無料 3粒×5袋(約5日分) γ-gtpを下げるサプリ

 

ガンマgtpを下げるサプリ第2位 ヘパリーゼZの総評

CMでも有名なあの「ヘパリーゼ」の配合成分を、より充実させて登場したのが「ヘパリーゼZ」です。

 

これまでのドリンクタイプに比べて肝臓エキスを2倍配合した上に、身体・健康をサポートする「ウコンエキス」「オルニチン」「セサミン」「L-シスチン」がしっかり配合してあるところが魅力です。

 

ドリンクタイプとは違って、ポケットにサッと入る粒状分包タイプですので、手軽に持ち歩けていつでも利用できるところが便利ですね。

 

ガンマgtpを下げるサプリ第3位 レバリズム・L
レバリズム・Lの特徴は、

 

  • 栄養機能食品
  • 岡山県産の牡蠣エキス、静岡県産のしじみエキス、千葉県産のスクワレンが贅沢配合
  • 体では作れない9種類の必須アミノ酸を含む
  • ビタミンB2やビタミンE、アミノ酸のシスチンもプラス
  • モニターコースはいつでも休止・解約OK

といった感じです。

 

※【主要成分(3粒=1,365mg)あたり】熱量 8.2Kcal、たんぱく質 0.52g、脂質 0.60g、炭水化物 0.20g、ナトリウム 2.40mg、ビタミンB2 2.40mg、ビタミンE 16.0mg

 

※【原材料(1日あたり)】L-シスチン 80mg、ビタミンB 0.8mg、ビタミンE 8.0mg、牡蠣エキス末 10mg、シジミエキス末 10mg、スクワレン 10mg、サフラワー油 151.2mg、ミツロウ 18.0mg、グリセリン脂肪酸エステル 12.0mg

価格 容量 評価
通常5980円⇒初回モニター価格980円(税込)送料無料 30袋・90粒入(約1ヶ月分) γ-gtpを下げるサプリ

 

ガンマgtpを下げるサプリ第3位 レバリズム・Lの総評

肝臓の働きをサポートするいくつもの成分が高濃度に配合されているので、しっかり飲み続けることでγGTPの数値改善が期待できるんじゃないでしょうか。

 

初回モニター価格がとても安いので気軽に始められる上に、いつでも休止・解約が出来るので安心ですね。

 

2回目以降は、33%引きの3980円(税込)となりますが、それでも低価格なので続けやすいところも魅力です。

 

肝臓の負担を減らすには、生活習慣の見直しから!

 

肝臓は、

  • アルコールなどの解毒
  • 糖や脂肪の代謝
  • ビタミンの合成
  • 胆汁の生成・分泌

といった、私達の生命を維持するための様々な働きをしてくれる大切な臓器です。

 

大変働き者で大切な存在である一方で、肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、ダメージを受けてもなかなか自覚できない怖さがあります。

 

自覚症状が出た頃には、手遅れな状況になっている場合が多いので、常に肝臓をいたわって生活することが大切です。

 

特に、アルコールを飲む機会が多い人や、喫煙習慣のある人、また不規則な食事を続けている人は、肝臓の状態をチェックするために定期的に健康診断を受けましょう。

 

もしも、血液検査でγ-GTPやAST(GOT)、ALT(GPT)の数値が悪かったら、すぐに対策を立てる必要があります。

 

たとえば、γ-GTPの数値が少し高い程度であれば、毎日の生活習慣を改善するだけでかなり良くなります。

 

お酒やタバコの量を減らしたり、食べるものに気を配るだけでも、だいぶ変わってくると思いますよ。

 

また、肝臓の働きをサポートしてくれるサプリを利用するというのも一つの方法です。

 

仕事がら、どうしてもお酒の席が多いという人には心強い味方になってくれるでしょう。

 

それでは、今からγ-GTPを下げるためにどうすればいいか、運動や食事なども含めて詳しくみていきたいと思います。

 

あなたはいくつ当てはまる?毎日の生活習慣をチェックしてみましょう!

 

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるように神経が通っていないため、 ダメージを受けてもほとんど自覚症状が出ません。

 

そのために、大部分の人は自覚症状を感じないまま肝臓を酷使して、肝機能を低下させている恐れがあります。

 

下記にあげる生活習慣の中で、あなたにあてはまる項目をチェックしてみましょう

 

  • 早食い、朝食を抜く等の偏った食生活である
  • 睡眠不足になることが多い
  • ストレスが溜まっている
  • 過度なダイエットをしている
  • タバコを吸う習慣がある
  • 薬の長期服用や過剰摂取をしている
  • 便秘がちである
  • お酒が大好きでよく飲む
  • 運動不足である
  • 健康診断でγ-GTPの数値が悪かった

 

上記の項目にあてはまるものがある方は、肝臓の機能が低下している恐れがあります。

 

肝臓の病気は脂肪肝から始まり、肝炎、肝硬変、そして肝臓がんとなる可能性があります。

 

これは何も対策をしていなかった最悪のケースですが、肝脂肪の時点で生活習慣を改善することで予防可能なことも多いです。

 

いまからでも、生活習慣を見直して、手遅れになる前に肝機能の改善をする事が大切ですね。

 

肝臓に負担をかけることで引き起こす病気や症状とは?

 

肝臓に負担をかけることで引き起こす病気や症状にはどんなものがあるでしょうか。

 

前述した通り、肝臓の病気は、脂肪肝から始まり、肝炎、肝硬変、そして肝臓がんと進行していく可能性があります。

 

肝脂肪とは、肝臓に中性脂肪やコレステロールが蓄積された状態のことをいいます。

 

肝脂肪は自覚症状がほとんどなく、だるさや食欲不振、冷えや肩こり程度の症状なため、ほとんどの方が肝臓が原因で起こっているとは思わないでしょう。

 

脂肪肝は初期段階では命の危険性はあまりありませんが症状が進むと下記のように、重篤な症状や死に至るリスクも引き起こします。

 

  • 肝脂肪から非アルコール性脂肪肝炎となり、肝硬変、最後に肝臓がんとなる
  • 肝脂肪から糖尿病となり、失明・透析・下肢切断となる
  • 肝脂肪から動脈硬化となり、脳梗塞、心筋梗塞となる

 

肝臓が、なぜ沈黙の臓器とよばれているのか?

 

それは、肝臓は人体で唯一の再生可能な臓器だからで、それ故に自覚症状を感じないらしいです。

 

しかし、一度肝臓機能が壊れてしまうと、正常な状態に戻すのに時間がかかります。

 

1回ぐらいの禁酒では肝臓機能は正常に戻らないということです。

 

気付いたら手遅れという事がないように、日頃の生活習慣を見直す事が大切です。

γ-GTPの働きについて

健康診断等で、見かける数値にγ-GTPという文字があります。

 

このγ-GTP(γグルタミルトランスペプチダーゼ)は、肝臓や腎臓などでつくられる酵素です。

 

肝臓の解毒作用に関係している酵素でアルコールに対して敏感に反応します。

 

肝臓では通常肝細胞や胆管細胞に存在し、胆汁中にも存在しており、たんぱく質を分解・合成する働きをします。

 

もしも、肝細胞や胆管細胞が壊れるとγ-GTPは血液中に流れ出で、「逸脱酵素」といわれます。この状態になると、γ-GTPの血中の値が高い状態になります。

 

しかし、血中にγ-GTPが多く混ざったとしても、それ自体は悪いことではありません。血中にγ-GTPが多く混ざる原因となった肝細胞や胆管細胞が壊れたということが大きな問題なのです。

 

つまり、γ-GTPは肝臓や腎臓、胆管が正常であるかどうかを判断する指標として考えることができるのです。

 

γ-GTPの正常値は男性で50以下、女性で32国際単位以下と定められています。

 

これを上回るγ-GTPが高くなった場合になり得る疾患については、アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝がん等があげられます。

 

特に、γ-GTPの値が100を越えると、上記に加えて更に重い疾患である胆道疾患、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯、慢性活動性肝炎になるリスクも考えられます。

 

また、肝臓の他に胆道の周囲に異常がある場合にもγ-GTPの数値は上昇します。

 

例えば、胆管内に石のようなものが詰まる病気の胆石ですが、その場合もγ-GTPが血中に流れ出して、数値が上がります。他にも胆汁鬱滞症である可能性も考えられます。

 

このように、私達の健康の数値の指標を教えてくれるγ-GTP、高い数値が出たら、放置せず病院で診察してもらい生活習慣を改善しましょう。

 

 

γ-GTPの数値を下げるために取り組みたいこと

γ-GTPの数値が高いと肝臓や、他の臓器でも様々な恐ろしい病気を引き起こす事が分かりました。

 

では、このγ-GTP下げるにはどうすればいいでしょうか。それには、普段の生活習慣が大きく影響しています。

 

下記にあげるものが、具体的にγ-GTPの数値を下げる方法です。

 

禁酒をする

肝臓を休めるためには、まず、禁酒が一番です。γ-GTPの数値が基準値〜100までの人であれば、1週間程度禁酒をすれば、数値は改善すると言われています。

 

しかし、一度数値が下がったからと言って、油断は禁物です!その後も定期的に休肝日を作ったり、日ごろから飲酒量を減らしたりなどの工夫をして数値を保つようにしましょう。

 

飲酒により貯えられた脂肪肝の改善でγ-GTPのすうちはかなり改善されます。

 

運動をして脂肪を燃焼する

有酸素運動を習慣にすれば、身体についた脂肪を燃焼することができます。

 

そのため、肝臓についた脂肪も燃焼させることができます。

 

手軽に行えるオススメの有酸素運動はウォーキングとスクワット等です。)

 

バランスの取れた食生活を送る

γ-GTPがあがる原因はお酒だけではありません。偏った食事によっても上がってしまいます。

 

脂質や糖質の過剰摂取は避けて、肝臓の機能をよくするタウリンやたんぱく質が豊富な食品を摂りましょう。しじみや大豆製品が豊富に含まれているのでおすすめです)

 

便秘を改善する

腸内に便が溜まり、有害物質が発生すると、それを分解するのも肝臓の仕事です。ツボ押し、運動や食生活で便秘を解消しましょう。

 

食物繊維を多いものを摂取して、お通じを良くすれば、肝臓の負担を減らすことができるのです。

 

 

肝臓はダメージを受けた時のサインが分かりにくいからこそ、定期的な検査はもちろん、毎日の生活習慣を見直して肝臓をいたわる事はとても重要です。

 

 

 

サプリメントを利用するという方法も!

γGTPの数値が高い方が近年増えており、その結果、肝機能に異常をきたして病気にかかるケースが多くなっています。

 

その原因には、アルコールの過剰摂取、食生活が欧米化したことによる肝臓に負担をかける偏った食生活等があげられ、深刻な社会問題となっています。

 

そんな背景を受けて、現在、各機関が研究を重ねて、γGTPの数値対策のサプリメントが様々なメーカーからたくさん販売されています。

 

肝機能を高めるために、サプリの力を借りることも1つの方法です。

 

  • しじみに多く含まれ、昔から良いと言われている「オルニチン」
  • ブロッコリーや、ブロッコリースプラウト等のアブラナ科の植物に多く含まれている成分である「スルフォラファン」
  • ウコンの天然成分であるポリフェノールの一種「クルクミン」
  • 体内では生成されない「アミノ酸」

 

上記のような肝臓の働きをサポートするいくつもの成分が高濃度に配合されているサプリメントもあるので、しっかり飲み続けることでγGTPの数値改善が期待出来ます。

 

ただし、サプリメントはあくまでも補助的なものなので、日頃からの生活習慣や食生活をメインに気を配る事が大切です。

 

また、あまりにも数値が高い場合は、すぐに病院で診察して下さい。

 

γGTPを下げるサプリには副作用はありませんか?

肝臓は、アルコールなどの解毒、糖や脂肪の代謝、ビタミンの合成、胆汁の生成・分泌といった、私達の生命を維持するための様々な働きをしてくれる大切な臓器です。

 

そんな肝臓の機能を酷使する生活習慣や食生活をすることにより、肝臓が非常にダメージを受けて方がおおくいらっしゃいます。

 

そんな、肝臓にダメージをお持ちの方の強い味方が肝機能をサポートしてくれるサプリメントです。

 

肝臓の働きをサポートするいくつもの成分が高濃度に配合されているサプリメントで、γGTPの数値改善をされたい方も多くいらっしゃると思います。

 

しかし、サプリメントを服用することにより、副作用があるかどうか気にされている方もいらっしゃると思います。

 

結論からいうと、サプリメントの成分は肝機能の効果をあるサポートをすることでγGTPの数値改善をする自然由来の健康成分になります。

 

医薬品ではないので、副作用を起こすものは一切入っていないため、用法用量を正しく守って使用すれば、安心してお使い頂けます。

 

病院でも、健康食品の一種としてサプリメントを摂取する事をおすすめしている医師もいます。

 

ただし、食品アレルギーや持病で薬を服用している方は医師に相談のうえ、服用して下さい。

私が個人的に一番おすすめなのは1位の「肝臓の健康にセラクルミン」

ここまで、γ-GTPの数値を下げるのを助ける働きをしてくれるサプリをいくつか紹介してきましたが、私が一番おすすめなのはやっぱり「セラクルミン」です。

 

 

機能性表示食品ということで、γ-GTP、AST(GOT)、ALT(GPT)、の数値が下がったことが科学的に実証されているので、まず最初に手に取りたいサプリですね。

 

2016年10月の段階で、肝機能数値の低下が実証された食品は他には無いというのだから、とても魅力を感じます。

 

抗酸化作用・肝機能改善効果・アルコール代謝作用・コレステロール値低下作用・美容効果のある「クルクミン」の吸収量をおよそ27倍に高めたサプリという点も見逃せないですね。

 

通常価格から大幅に値引きした価格設定にしてあるので、お試し感覚で始めやすいところも便利です。

 

また、定期購入コースが「1ヶ月ごと」「3ヶ月ごと」からどちらか選べる点も、対応が柔軟でよいと思います。

 

機能性表示食品であること、クルクミンの吸収量、料金、購入のしやすさなど総合的に判断して、セラクルミンがダントツの1位です!

↓ ↓ ↓

このページの先頭へ